2020年4月4日

【松江石碑】殿町「松江城碑」

<写真>

<地図>松江市殿町

<説明>

 ここは、馬溜と呼ばれる一辺46mほどのほぼ正方形の
平地です。入口には大手柵門、右へ曲がるとしゃちほこ
をつけた壮大な大手門がありました。西側にある高さ13m
の高い石垣や、南・東側の石垣の堀、さらに内側の高さ
1mほどの腰石垣による土塁でこの平場を四方から守って
いました。この入口の形態は桝形と呼ばれるもので、敵
兵の直進を防ぎ、侵入の勢いを弱める機能と、出撃の際
にこの馬溜に城兵を待機させ隊形を整える機能を果たし
ていたようです。発掘調査より、江戸時代のものと思わ
れる井戸が2箇所と内堀へ通じる石組水路などの遺構面
が現在の地面より約50㎝下に見つかりました。
(説明板より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です