2020年6月3日

【松江石碑】殿町「松江開府400年祭記念之碑」

<写真>

<地図>松江市殿町

<碑文>

松江開府400年祭記念之碑
             謹書 藤岡大拙

 慶長16(1611)年、堀尾吉晴公により5年の
歳月をかけ松江城と町は完成した。
 以来、松江は先人たちの尽力により国際文化
観光都市として発展をとげ、開府から400年
を迎えた。
 歴史と風土の中で、つちかわれた文化と伝統
の意義や特色を市民とともに考え、未来に継承
していくため、城と町の建設に要した年月に合
わせ、平成19(2007)年から平成23(2011)
年までの5年間、市民の知恵を結集し、「松江
開府400年祭」を挙行した50年後、100年後、
未来永劫、この情熱が語りつがれ、町の将来を
担う若人たちの叡智と努力により、松江がさら
に発展をとげるよう祈念し、この碑を建立する。

  平成23(2011)年12月
     松江市長  松浦正敬
     松江開府400年祭推進協議会
       会長  古瀬 誠

<建立>

平成23年(2011年)12月(碑文より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です