2019年11月20日

【松江石碑】殿町「満蒙開拓青少年義勇軍 拓魂」

<写真>

<地図>松江市殿町

<碑文>

 われらは若き義勇軍
 祖国のためぞ鍬とりて
 万里果てなき野に立たん
 いま開拓の意気高し      義勇の歌

 顧みれば 昭和十二年 国の重要施策とし
て 満蒙開拓青少年義勇軍が創設され 民族
協和の理想を実践し 王道楽土建設の礎石た
らんとした
 爾来 本県から選出された少年千三百余名
希望に燃えて満蒙の曠野に赴き 酷寒灼熱を
しのぎ 祖国の安泰を願いながら 一意開拓
の鍬を振ったのである
時に昭和二十年八月 突如祖国の敗戦により
雄国空しく悲惨な運命に殉じた拓友三百余程
往時を偲べば想うも涙す
 今年まさに三十三年に当り 生存者相はか
り緑深きこの聖域に雄魂を永遠に讃えて之を
建立す
友よ安らかに眠り給へ

昭和五十二年十月
満蒙開拓青少年義勇軍島根県拓友会連合会

<建立>

昭和52年(1977年)10月(碑文より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です